各種委員会

「理科教育学研究」編集委員会では、理科教育に関する研究論文(原著論文・総説・資料)等を掲載した「理科教育学研究」を年3回刊行するための編集業務を行っています。

「理科の教育」編集委員会では、理科教育界の動向をタイムリーにとらえた特集テーマについての理論と実践を、小・中・高を通じて展開した本学会の刊行物である「理科の教育」(毎月刊行)の編集業務を担当しています。

国際交流委員会は、諸外国の理科教育関連学会や理科教育研究者(教師も含む)などの組織や個人との交流、諸外国の理科教育の調査研究とその報告などを通して、日本理科教育学会の諸外国に対する情宣活動をするとともに、学会員の諸外国の理科教育に関する学習の機会や情報の提供を行っております。

広報委員会は、本会のホームページやインターネットを利用した学会員への情報の提供、学術成果の社会への公開と還元、国内外の関連学会の情報提供交換等に関する活動を実施することを目的として活動しています。

教育課程委員会では、日本理科教育学会における教育課程に関する研究の活性化に取り組んでいます。

学術連携委員会では、国内の理科教育関連学協会との連絡、情報交換及び交流事業に関する業務などを担当しています。

ダイバーシティ推進委員会は、本学会におけるダイバーシティ推進のための諸活動の企画、立案、実施などに 関する実務を行います。

次世代企画委員会は、2020年度までの支部活性化タスクフォース、及び、若手育成タスクフォースの活動内容を引き継ぎ、本会における次世代企画のための諸活動の企画、立案、実施などに関する実務を行います。