投稿

1 / 11

教育課程研究国際シンポジウム(奈良教育大学・2006/8/6)

  • []
  • 2006.08.06

「これからの理科教育の在り方を探る」
 オーガナイザー:川上昭吾(学会会長、愛知教育大学)、橋本健夫(教育課程委員長、長崎大学)、熊野善介(国際交流委員長、静岡大学)

 コーデイネーター:熊野善介(静岡大学)、磯崎哲夫(広島大学大学院)

シンポジスト:
 William F. Mc Comas (アメリカASTE理事、南カリフォルニア大学ロッシーア教育学部)
 Robin Millar(イギリス、ヨーク大学)
 郭玉英(中国、北京師範大学)
 金範基(韓国、KARSE会長、韓国教員大学校)
 KOH Thiam Seng(シンガポール、文部省)
 Jauni Viiri(フィンランド、ユバスキュラ大学)

第56回全国大会(奈良教育大学:2006/8/5-6)において教育課程研究国際シンポジウムを開催します。

  • []
  • 2006.08.05

第53回全国大会(北海道教育大学札幌校:2003/8/7-8)にて文科省の拠点システム事業理科教育部会(筑波大学教育開発国際協力研究センター)と共催で「国際協力に関する経験の共有化」の課題研究を行った。
オーガナイザー 長洲南海男

米国AETS(The Association for the Education of Teachers of Science:米国科学教師教育学会)との交流計画

第54回全国大会(筑波大学:2003/8/4-5)にて文科省の拠点システム事業理科教育部会(筑波大学教育開発国際協力研究センター)と共催で「国際協力に関する経験の共有化 PartIII」の課題研究を行う。
オーガナイザー 尾崎浩巳

第54回全国大会(筑波大学:2003/8/4-5)のシンポジウムとして「グローバリゼーションにおける理科教育」を国際交流委員会企画として行う。
キーノートスピーカー アイオワ大学 Yager教授
韓国側ジンポジスト  Lim Gilsun(林吉善:釜山大学校師範大学講師・釜山科学高校教員)

1 / 11
  • 論文投稿について
  • 各種申請書
  • メンバーログイン
  • 賛助会員のページ

SSL GMOグローバルサインのサイトシール