学会長挨拶 - 法人化1期目の活動を終えるにあたって

  • [学会長挨拶]
  • 2017.06.01

  本学会は平成27年7月1日付けをもって一般社団法人化されました。本年6月30日で無事法人化1期目の活動を終えることができます。本学会を法人化する際の課題は下記(1)~(3)でした。2年間を振り返ると、下記の課題解決を図るためには、さらに細かな課題があることが明らかになりました。法人2期目においては、こうした細かな課題の一つひとつを解決することにより、本学会の社会的な位置付けをさらに強固なものにしていきたいと思います。
そのために、本学会の重要な活動である「理科の教育」・「理科教育学研究」の編集と発刊、支部大会・全国大会の充実は必須です。本学会が何を目指して、何を実現できているのかを社会へ発信することができるからであります。法人としての本学会が、整備された組織のもとで、こうした活動を遂行していることを社会へ示す好機となります。会員諸氏の理解と協力の下、法人2期目を迎える本学会の発展を目指し、さらに力を注ぎたいと思います。

(1) 法律に基づく公正な学会の運営により「社会的な信用度」を向上させる。
(2) 学会名で法律行為(契約、雇用、売買、貸借)を行えるようにする。
(3) 透明性の高い会計処理を行う。

                            平成29年6月1日 一般社団法人日本理科教育学会会長 森本信也

  • 論文投稿について
  • 各種申請書
  • メンバーログイン
  • 賛助会員のページ

SSL GMOグローバルサインのサイトシール