投稿

1 / 11

平成19年度 第2回理科教育国際セミナーの開催

  • []
  • 2007.11.23

平成19年11月23日(金)
広島大学
演 題:
統一テーマ:理科の教師教育の実際と研究動向(仮題)
ポール=ケルビス先生(アメリカ・コロラドカレッジ):アメリカの事例
ヨウニ=ヴィーリ先生(フィンランド・ユヴァスキュラ大学):フィンランドの事例
ジャスティン=ディロン先生(イギリス・ロンドン大学・キングスカレッジ):イギリスの事例

平成19年度 第1回 理科教育国際セミナーの開催

  • []
  • 2007.10.13

平成19年10月13日(土)
演 題:
ポール= デンレー博士: Initial and in-service science teacher education in the UK – how well are we preparing and supporting science teachers in secondary schools?(イギリスの理科教師教育:中等理科教師をどのように育成し支援しているか?)
パシー=レイニカイネン氏:Science education policy in Finland(フィンランドの理科教育政策)

平成19(2007)年度

  • []
  • 2007.01.01

全国大会(愛知教育大学)においてシンポジウムを行う。
テーマ:「理科教育課程改善の方向性を探る-学習指導要領改訂への期待-」
オーガナイザー:鶴岡義彦(千葉大学)

教科「理科」関連学会協議会
日本科学教育学会(北海道大学)における課題研究を担当。
本学会鈴木誠委員が登壇予定

1 / 11
  • 論文投稿について
  • オンライン会員情報管理システム(学会会員ページ)
  • 各種申請書
  • 賛助会員のページ

SSL GMOグローバルサインのサイトシール