トピックス

20 / 32« 先頭...10...1819202122...30...最後 »

平成28年度第2回理科教育国際セミナーのご案内

  • [トピックス]
  • 2016.11.28

平成28年11月28日

日本理科教育学会

会員の皆様へ

国際交流委員会

委員長 磯﨑哲夫

 

平成28年度第2回理科教育国際セミナーのご案内

 

拝啓 会員の皆様方におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

 さて、下記の通り、平成28年度第2回理科教育国際セミナーを開催いたします。国立大学一般入試(前期)前のお忙しい時期ではございますが、皆様万障お繰り合わせの上、ご参加頂けますようお願い申し上げます。

敬具

講師: John Loughran教授(オーストラリア・モナッシュ大学教育学部長)

演題: オーストラリアにおける理科教師教育の動向

日時: 平成29年2月23日(木) 10:00~11:40

場所: 広島大学大学院教育学研究科C203 (別添フライヤーをご参照ください)

その他: 日本語通訳あり

参加費無料です(原則事前登録制になっておりますが、事前登録なしで当日直接お出で頂いても何ら問題ございません。)

また、前日22日開催の教師教育のシンポジウムも無料です。興味のある会員の方は、こちらもご参加ください。

問い合わせ先: 広島大学大学院教育学研究科 磯﨑(isozaki[at]hiroshima-u.ac.jp:atは@に変更してください。)

以上

シンポジウム・講演会フライヤー

平成29年度河川基金助成案件の募集のご案内

  • [トピックス]
  • 2016.10.23

公益財団法人河川財団から、平成29年度河川基金助成案件の募集について、ご案内がきています。

 

河川財団では、昭和63 年に河川基金(旧名称・河川整備基金)が創設されてから、28 年にわたり助成事業を進めてまいりました。これまでに河川にかかる調査・研究、啓発活動、河川教育等に対して助成を行い、多くの研究者や研究機関、市民団体、学校等の活動を支援してきました。

現在、平成29 年度の河川基金助成案件の募集を行っていますので、その概要をご案内いたします。河川基金助成が多くの方々に活用され、人々の河川への理解が深まり、人と川との良好な関係がさらに強いものとなることを願い、皆様からの積極的なご応募をお待ちしております。

1.募集期間
平成28 年10 月1日(土)~ 11 月30 日(水)18 時まで

2.助成部門
河川基金助成には、助成の対象者別に以下の3部門があります。

○学校部門
学校教育の現場において、河川・流域を通じて防災、環境、歴史・文化等を学習する河川教育に取り組む小・中・高等学校、特別支援学校、幼稚園、保育所、認定こども園等に助成を行っています。

○研究者・研究機関部門
防災・減災や河川・流域の視点から、治水・利水・環境に関する新たな科学的知見を得る取り組みや新技術の開発に向けた調査・研究を行う、研究者や研究機関に助成を行います。

○川づくり団体部門
河川や流域への理解を深めることにより、川や流域をより健全な姿に変える、あるいは戻すための活動を行う市民団体等(川づくり団体)に助成を行っています。

3.申請方法
インターネットによるオンラインで申請してください。募集要項や申請方法等の詳細については河川財団サイト(http://www.kasen.or.jp/kikin/info/itemid793-000565.html)でご案内しておりますのでご参照ください。

4.お問合せ先
① E-mail アドレス:kikin-toi@kasen.or.jp
② 電 話:03-5847-8303
公益財団法人河川財団 基金事業部 森、益田、端山
9:15~12:00、13:00~17:30(土曜・日曜・祭日を除く)

20 / 32« 先頭...10...1819202122...30...最後 »
  • 論文投稿について
  • オンライン会員情報管理システム(学会会員ページ)
  • 各種申請書
  • 賛助会員のページ

SSL GMOグローバルサインのサイトシール