「理科教育学研究」編集委員会

1 / 212

<予告>日本理科教育学会「理科教育学研究」特集の論文募集のお知らせ

  • [「理科教育学研究」編集委員会]
  • 2020.07.03

<予告>日本理科教育学会「理科教育学研究」特集の論文募集のお知らせ

「理科教育学研究」編集委員会  2020.06.27

日本理科教育学会「理科教育学研究」特集の論文募集

  • 特集のテーマ

将来を切り拓く若手研究者による理科教育学研究

  • 投稿資格

投稿締め切り日時点で,筆頭著者が 40 歳未満の学会員(正会員・学生会員)

  • 企画趣旨

本特集では,理科教育学に関わる若手研究者の研究成果を本誌に公表する場を提供するとともに,将来の理科教育学を切り拓く若手研究者を育成すること,さらには,若手研究者の積極的な論文投稿により,本学会の更なる活性化を図ることを目的としている。若手研究者自身にとっても,その後のキャリアパスや研究助成への一助になるものと考えられる。 また,特集のテーマは限定せず,理科教育学に関わる広範な研究領域を通して,新進気鋭の若手研究者の創意ある自由な発想に基づく研究成果を期待するものである。本特集では, 従前までの特集と同様,迅速な論文掲載を目指して査読業務が遂行されるので,若手研究者諸氏には是非とも奮ってご投稿頂きたい。

本特集では,以下の広範な研究領域において,総説論文,原著論文,資料論文を募集する。

・理科教育学に関する総説
・理科教育学に関する理論的研究
・理科教育学に関わる理論を踏まえた実践的研究
・日本及び諸外国における理科教育学を対象とした比較研究,事例研究
・ICTを活用した理科教育学とその有効性の検証に関する研究
・その他,理科教育学に関する研究等

  • 投稿論文の取り扱い

本特集の投稿論文には,国内外の議論を整理し,研究の位置づけを明確にすることが求められる。また,特集編集委員会において,上記趣旨に適合しないと判断した投稿論文については,一般論文への投稿論文として取り扱う場合がある。なお,本特集の刊行までに採択されない投稿論文については,一般論文への投稿論文としての査読を継続する。

  • 投稿時の注意事項

本特集への投稿に際しては,投稿票において「特集」を必ず選択すること。
また,投稿票において,筆頭著者の生年月日を記入すること。

  • 刊行スケジュール

投稿受付開始日:2020年9月1日
投稿締め切り日:2020年12月15日
刊行予定日:2021年7月末日(第62巻1号に掲載予定)


pdfはこちらです>><予告>日本理科教育学会「理科教育学会研究」特集の論文募集.pdf

日本理科教育学会「理科教育学研究」特集の論文募集のお知らせ

  • [「理科教育学研究」編集委員会]
  • 2020.03.31

<予告>
日本理科教育学会「理科教育学研究」特集の論文募集のお知らせ

「理科教育学研究」特集編集委員会

日本理科教育学会「理科教育学研究」特集の論文募集

■特集のテーマ
グローバルな視点からみた理科教育

■企画趣旨
2019年9月,第69回日本理科教育学会全国大会(静岡大会)において,東アジア科学教育学会(EASE)との合同セッションが開催され,東アジア地区に留まらず世界各国の理科教育について熱い議論が展開された。さらに今後は,国際バカロレアやSTEMなど,グローバルな視点からの理科教育が求められることから,関わる研究の現状や展望について特集することは,学会員にとって意義あるものと考えられる。また,児童・生徒への理科学習指導の更なる充実という側面と,グローバルな視点を持った理科教員の養成という側面を有するテーマでもあり,活発かつ実り多き論調が期待される。本学会員が取り組んでいる研究をベースにして,最先端の知見を集約する中で,新たな議論の喚起や研究の更なる推進を待ち望むものである。
本特集では,以下の研究領域において,総説論文,原著論文,資料論文を募集する。

・グローバルな視点からみた理科教育に関する総説
・グローバルな視点からみた理科教育に関する理論的研究
・グロ-バルな視点からみた理科教育に関わる理論を踏まえた実践的研究
・グローバルな視点からみた理科教育に関する事例研究
・その他,グローバルな視点からみた理科教育に関する研究等

■投稿論文の取り扱い
本特集の投稿論文には,国内外の議論を整理し,研究の位置づけを明確にすることが求められる。また,特集編集委員会において,上記趣旨に適合しないと判断した投稿論文については,一般論文への投稿論文として取り扱う場合がある。なお,本特集の刊行までに採択されない投稿論文については,一般論文への投稿論文としての査読を継続する。

■投稿時の注意事項
本特集への投稿に際しては,投稿票において「特集」を必ず選択すること。

■刊行スケジュール
投稿受付開始:2020年7月末日
投稿締め切り:2020年10月末日
刊行予定:2021年7月末日

予告・特集の趣旨(2020)

日本理科教育学会「理科教育学研究」特集論文の募集のお知らせ

  • [「理科教育学研究」編集委員会]
  • 2019.07.29

日本理科教育学会「理科教育学研究」特集論文の募集のお知らせ

「理科教育学研究」特集編集委員会

日本理科教育学会「理科教育学研究」特集論文の募集

■特集のテーマ
理科教師教育

■企画趣旨
学士課程における理科教師教育(コアカリキュラムを見据えた取り組みなど),修士レベル(修士課程,専門職学位課程)での理科教師教育(教育実習など),CST,教員免許状更新講習,採用・任用権者主催の研修,仲間内が手弁当で行うものまで,理科教師が学ぶ機会は数多い。そのような現状を鑑みる時,理科教師養成(大学レベル)と教師育成(就職後の現職教育)を実質化するための問題点の分析, 理論的研究,及び実践事例報告などを集約する意義は大きい。まさに,本特集において「理科教師教育」について取り上げる所以である。本学会員が取り組んでいる研究をベースにして,最先端の知見を集約する中で,新たな議論の喚起や研究の更なる推進を期待する。
本特集では,以下の研究領域において,総説論文,原著論文,資料論文を募集する。

・理科教師教育に関する総説
・理科教師教育に関する理論的研究
・理科教師教育に関わる理論を踏まえた実践的研究
・日本及び諸外国における理科教師教育を対象とした比較研究,事例研究
・ICTを活用した理科教師教育とその有効性の検証に関する研究
・その他,理科教師教育に関する研究等

■投稿論文の取り扱い
本特集の投稿論文には,国内外の議論を整理し,研究の位置づけを明確にすることが求められる。
また,特集編集委員会において,上記趣旨に適合しないと判断した投稿論文については,通常の一般論文への投稿として取り扱う場合がある。なお,本特集の刊行までに採択されない投稿論文については,
一般論文への投稿としての査読を継続する。

■投稿時の注意事項
本特集号への投稿に際しては,投稿票において「特集」を必ず選択すること。

■刊行スケジュール
投稿受付開始:2019年7月末日
投稿締め切り:2019年10 月末日
刊行予定:2020年7月末日

特集号の趣旨(2019)

【訂正】特集論文に関するお知らせ

  • [「理科教育学研究」編集委員会]
  • 2019.06.19

 2019年3月25日付で御連絡をさせていただいた特集論文(特集号論文)に関する周知内容に,日本理科教育学会平成30年度第3回理事会の決定事項と異なる内容を記載しておりました。

———-

誤:「2019年6月刊行予定の第59巻第4号(特集号)は刊行せず,2019年7月刊行予定の第60巻第1号(通常号)の合併号として,第60巻第2号(特集号)を刊行する。」

 

正:「2019年6月刊行予定の第59巻第4号(特集号)は刊行しない。平成30年度に特集号論文として募集した論文のうち,論文審査を経て,刊行予定であった第59巻第4号の刊行スケジュール内に受理された論文は,2019年7月刊行予定の第60巻第1号に特集論文として掲載する。」

———-

 理事会の決定事項と異なる情報を掲載していたことをお詫びさせていただくとともに,以後,このようなことがないように,会員の皆様への周知内容の確認を徹底させていただきます。

 

令和元(2019)年6月19日

「理科教育学研究」編集委員会

 

 

【再掲】日本理科教育学会平成30年度第3回理事会の決定事項

 

平成31(2019)年3月23日

「特集論文の刊行予定の変更について」

「理科教育学研究」編集委員会

委員長 松森 靖夫

 

 2019年6月刊行予定であった特集号(第59巻第4号)ですが,2019年3月23日開催の日本理科教育学会平成30年度第3回理事会において,下記のように,掲載の巻号を変更することが決定いたしました。

 

「2019年6月刊行予定の第59巻第4号(特集号)は刊行しない。平成30年度に特集号論文として募集した論文のうち,論文審査を経て,刊行予定であった第59巻第4号の刊行スケジュール内に受理された論文は,2019年7月刊行予定の第60巻第1号に特集論文として掲載する。」

 

 なお,論文の審査業務については,変更はございません。

 論文募集後の変更となり,申し訳ございませんが,ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

特集号の刊行予定の変更について

  • [「理科教育学研究」編集委員会]
  • 2019.03.25

平成31(2019)年3月23日

「特集号の刊行予定の変更について」

「理科教育学研究」特集号編集委員会
                                委員長 松森 靖夫

 2019年6月刊行予定であった特集号(第59巻第4号)ですが,2019年3月23日開催の日本理科教育学会平成30年度第3回理事会において,下記のように,掲載の巻号を変更することが決定いたしました。

 「2019年6月刊行予定の第59巻第4号(特集号)は刊行せず,2019年7月刊行予定の第60巻第1号(通常号)の合併号として,第60巻第2号(特集号)を刊行する。」

 なお,現在の特集号論文に関する審査業務については,変更はございません。

 論文募集後の変更となり,申し訳ございませんが,ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

【予告】日本理科教育学会「理科教育学研究」特集号の論文募集のお知らせ

  • [「理科教育学研究」編集委員会]
  • 2019.03.25

<予告>

日本理科教育学会「理科教育学研究」特集号の論文募集のお知らせ

[「理科教育学研究」編集委員会 ] 2019.03.23

日本理科教育学会「理科教育学研究」特集号の論文募集

■特集号のテーマ
理科教師教育

■企画趣旨
学士課程における理科教師教育(コアカリキュラムを見据えた取り組みなど),修士レベル(修士課程,専門職学位課程)での理科教師教育(教育実習など),CST,教員免許状更新講習,採用・任用権者主催の研修,仲間内が手弁当で行うものまで,理科教師が学ぶ機会は数多い。そのような現状を鑑みる時,理科教師養成(大学レベル)と教師育成(就職後の現職教育)を実質化するための問題点の分析, 理論的研究,及び実践事例報告などを集約する意義は大きい。まさに,本特集において「理科教師教育」について取り上げる所以である。本学会員が取り組んでいる研究をベースにして,最先端の知見を集約する中で,新たな議論の喚起や研究の更なる推進を期待する。
本特集号では,以下の研究領域において,総説論文,原著論文,資料論文を募集する。

 ・理科教師教育に関する総説
 ・理科教師教育に関する理論的研究
 ・理科教師教育に関わる理論を踏まえた実践的研究
 ・日本及び諸外国における理科教師教育を対象とした比較研究,事例研究
 ・ICTを活用した理科教師教育とその有効性の検証に関する研究
 ・その他,理科教師教育に関する研究等

■投稿論文の取り扱い
本特集の投稿論文には,国内外の議論を整理し,研究の位置づけを明確にすることが求められる。また,特集号編集委員会において,上記趣旨に適合しないと判断した投稿論文については,通常の一般号への投稿論文として取り扱う場合がある。なお,本特集号の刊行までに採択されない投稿論文については,一般号への投稿論文としての査読を継続する。

■投稿時の注意事項
本特集号への投稿に際しては,投稿票において「特集号」を必ず選択すること。

■刊行スケジュール
投稿受付開始:2019年7月末日
投稿締め切り:2019年10月末日
刊行予定:2020年7月末日

予告・特集号の趣旨(2019)

【締切延期】日本理科教育学会「理科教育学研究」特集号の論文募集のお知らせ

  • [「理科教育学研究」編集委員会]
  • 2018.11.28

日本理科教育学会「理科教育学研究」特集号の論文募集のお知らせ
(投稿締め切りが12月末日に延期になりました)
[「理科教育学研究」編集委員会 ] 2018.11.28
日本理科教育学会「理科教育学研究」特集号の論文募集
■特集号のテーマ
理科授業による資質・能力の育成
■企画趣旨
前回の特集号では,理科授業と評価について取り上げた。今回は,新しい学習指導要領に資質・能力の育成が明示されたことを踏まえ,理科授業(生活科の自然領域の授業も含む)における資質・能力の育成に関する理論的・実践的研究に焦点を当ててみたい。また,新しい学習指導要領に色濃く反映されている学習科学の知見が,理科教育研究にもたらした革新について,多方面からの成果を集約することも急務である。そこで,本特集では,この今日的課題となっている「理科授業による資質・能力の育成」について取り上げる。本学会員が取り組んでいる研究をベースにして,最先端の知見を集約する中で,新たな議論の喚起や研究の更なる推進を期待する。
本特集号では,以下の研究領域において,総説論文,原著論文,資料論文を募集する。
 理科授業による資質・能力の育成に関する総説
 理科授業による資質・能力の育成に関する理論的研究
 理科授業による資質・能力の育成に関わる理論を踏まえた実践的研究
 日本及び諸外国における理科授業による資質・能力の育成を対象とした比較研究,事例研究
 ICTを活用した理科授業による資質・能力の育成とその有効性の検証に関する研究
 その他,理科授業による資質・能力の育成に関する研究等
■投稿論文の取り扱い
本特集の投稿論文には,国内外の議論を整理し,研究の位置づけを明確にすることが求められる。また,特集号編集委員会において,上記趣旨に適合しないと判断した投稿論文については,通常の一般号への投稿論文として取り扱う場合がある。なお,本特集号の刊行までに採択されない投稿論文については,一般号への投稿論文としての査読を継続する。
■投稿時の注意事項
本特集号への投稿に際しては,投稿票において「特集号」を必ず選択すること。
■刊行スケジュール
投稿受付開始:2018年8月末日
投稿締め切り:2018年12月末日(11月末日の締め切りを延期しました)
刊 行 予 定 :2019年6月末日

平成30年度「理科教育学研究」特集号(趣旨等)第2版

日本理科教育学会「理科教育学研究」特集号の論文募集のお知らせ

  • [「理科教育学研究」編集委員会]
  • 2018.07.21

日本理科教育学会「理科教育学会」特集号の論文を募集しております。

特集号のテーマは、「理科授業における資質・能力の育成」です。

詳細は、以下のpdfファイルをご覧ください。

 

2018 「理科教育学研究」特集号の論文募集

 

刊行スケジュールは、以下の日程です。

投稿受け付け開始:2018年8月末日

投稿締め切り:2018年11月末日

刊行予定:2019年6月末日

【締め切り延期】日本理科教育学会「理科教育学研究」特集号の論文募集のお知

  • [「理科教育学研究」編集委員会]
  • 2017.11.24

日本理科教育学会「理科教育学研究」特集号の論文募集のお知らせ

(投稿締め切りが12月末日に延期になりました)

「理科教育学研究」編集委員会 日本理科教育学会「理科教育学研究」特集号の論文募集

■特集号のテーマ 理科授業と評価

■企画趣旨 前回の特集号では,理科授業の学習環境デザインについて取り上げた。今回は,理科授業(生活科の自然領域の授業も含む)と評価をどのように位置づけ,連関させていくのかという問いに焦点を当ててみたい。周知の通り,従前まで,多様な学力観に基づく理科授業とその評価が遂行されてきた。また,近年では,アクティブ・ラーニングの考え方が注目を集めており,アクティブ・ラーニングに適合した定性的かつ定量的な評価方策の開発も急務である。本特集では,この古くて新しい課題である「理科授業と評価」について再検討してみたい。本学会員が取り組んでいる研究をベースにして,最先端の知見を集約する中で,新たな議論の喚起や研究の更なる推進を期待する。 本特集号では,以下の研究領域において,総説論文,原著論文,資料論文を募集する。 ・理科授業と評価に関する総説 ・理科授業と評価に関する理論的研究 ・理科授業と評価に関わる理論を踏まえた実践的研究 ・日本及び諸外国における理科授業と評価を対象とした比較研究,事例研究 ・ICTを活用した理科授業の評価とその有効性の検証に関する研究 ・その他,理科授業と評価に関する研究等

■投稿論文の取り扱い 本特集の投稿論文には,国内外の議論を整理し,研究の位置づけを明確にすることが求められる。また,特集号編集委員会において,上記趣旨に適合しないと判断した投稿論文については,通常の一般号 への投稿論文として取り扱う場合がある。なお,本特集号の刊行までに採択されない投稿論文については,一般号への投稿論文としての査読を継続する。

■投稿時の注意事項 本特集号への投稿に際しては,投稿票において「特集号」を必ず選択すること。

■刊行スケジュール 投稿受付開始:2017年9月末日

投稿締め切り:2017年12月末日(11月末日の締め切りを延期しました)

刊行予定 :2018年6月末日

特集号投稿募集のお知らせ第2版

日本理科教育学会「理科教育学研究」特集号の論文募集のお知らせ

  • [「理科教育学研究」編集委員会]
  • 2017.08.05

日本理科教育学会「理科教育学研究」特集号で論文を募集しております。
特集号のテーマは「理科授業と評価」です。
詳細は以下のpdfファイルをご覧ください。

2017_日本理科教育学会「理科教育学研究」特集号の論文募集

刊行スケジュールは以下の日程です。
投稿受付開始:2017 年9月末日
投稿締め切り:2017 年11 月末日
刊行予定:2018 年6月末日

1 / 212
  • 論文投稿について
  • オンライン会員情報管理システム(学会会員ページ)
  • 各種申請書
  • 賛助会員のページ

SSL GMOグローバルサインのサイトシール