理事会・常置委員会カテゴリ

1 / 912345...最後 »

日本理科教育学会「理科教育学研究」特集論文の募集のお知らせ

  • [「理科教育学研究」編集委員会]
  • 2019.07.29

日本理科教育学会「理科教育学研究」特集論文の募集のお知らせ

「理科教育学研究」特集編集委員会

日本理科教育学会「理科教育学研究」特集論文の募集

■特集のテーマ
理科教師教育

■企画趣旨
学士課程における理科教師教育(コアカリキュラムを見据えた取り組みなど),修士レベル(修士課程,専門職学位課程)での理科教師教育(教育実習など),CST,教員免許状更新講習,採用・任用権者主催の研修,仲間内が手弁当で行うものまで,理科教師が学ぶ機会は数多い。そのような現状を鑑みる時,理科教師養成(大学レベル)と教師育成(就職後の現職教育)を実質化するための問題点の分析, 理論的研究,及び実践事例報告などを集約する意義は大きい。まさに,本特集において「理科教師教育」について取り上げる所以である。本学会員が取り組んでいる研究をベースにして,最先端の知見を集約する中で,新たな議論の喚起や研究の更なる推進を期待する。
本特集では,以下の研究領域において,総説論文,原著論文,資料論文を募集する。

・理科教師教育に関する総説
・理科教師教育に関する理論的研究
・理科教師教育に関わる理論を踏まえた実践的研究
・日本及び諸外国における理科教師教育を対象とした比較研究,事例研究
・ICTを活用した理科教師教育とその有効性の検証に関する研究
・その他,理科教師教育に関する研究等

■投稿論文の取り扱い
本特集の投稿論文には,国内外の議論を整理し,研究の位置づけを明確にすることが求められる。
また,特集編集委員会において,上記趣旨に適合しないと判断した投稿論文については,通常の一般論文への投稿として取り扱う場合がある。なお,本特集の刊行までに採択されない投稿論文については,
一般論文への投稿としての査読を継続する。

■投稿時の注意事項
本特集号への投稿に際しては,投稿票において「特集」を必ず選択すること。

■刊行スケジュール
投稿受付開始:2019年7月末日
投稿締め切り:2019年10 月末日
刊行予定:2020年7月末日

特集号の趣旨(2019)

【訂正】特集論文に関するお知らせ

  • [「理科教育学研究」編集委員会]
  • 2019.06.19

 2019年3月25日付で御連絡をさせていただいた特集論文(特集号論文)に関する周知内容に,日本理科教育学会平成30年度第3回理事会の決定事項と異なる内容を記載しておりました。

———-

誤:「2019年6月刊行予定の第59巻第4号(特集号)は刊行せず,2019年7月刊行予定の第60巻第1号(通常号)の合併号として,第60巻第2号(特集号)を刊行する。」

 

正:「2019年6月刊行予定の第59巻第4号(特集号)は刊行しない。平成30年度に特集号論文として募集した論文のうち,論文審査を経て,刊行予定であった第59巻第4号の刊行スケジュール内に受理された論文は,2019年7月刊行予定の第60巻第1号に特集論文として掲載する。」

———-

 理事会の決定事項と異なる情報を掲載していたことをお詫びさせていただくとともに,以後,このようなことがないように,会員の皆様への周知内容の確認を徹底させていただきます。

 

令和元(2019)年6月19日

「理科教育学研究」編集委員会

 

 

【再掲】日本理科教育学会平成30年度第3回理事会の決定事項

 

平成31(2019)年3月23日

「特集論文の刊行予定の変更について」

「理科教育学研究」編集委員会

委員長 松森 靖夫

 

 2019年6月刊行予定であった特集号(第59巻第4号)ですが,2019年3月23日開催の日本理科教育学会平成30年度第3回理事会において,下記のように,掲載の巻号を変更することが決定いたしました。

 

「2019年6月刊行予定の第59巻第4号(特集号)は刊行しない。平成30年度に特集号論文として募集した論文のうち,論文審査を経て,刊行予定であった第59巻第4号の刊行スケジュール内に受理された論文は,2019年7月刊行予定の第60巻第1号に特集論文として掲載する。」

 

 なお,論文の審査業務については,変更はございません。

 論文募集後の変更となり,申し訳ございませんが,ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

特集号の刊行予定の変更について

  • [「理科教育学研究」編集委員会]
  • 2019.03.25

平成31(2019)年3月23日

「特集号の刊行予定の変更について」

「理科教育学研究」特集号編集委員会
                                委員長 松森 靖夫

 2019年6月刊行予定であった特集号(第59巻第4号)ですが,2019年3月23日開催の日本理科教育学会平成30年度第3回理事会において,下記のように,掲載の巻号を変更することが決定いたしました。

 「2019年6月刊行予定の第59巻第4号(特集号)は刊行せず,2019年7月刊行予定の第60巻第1号(通常号)の合併号として,第60巻第2号(特集号)を刊行する。」

 なお,現在の特集号論文に関する審査業務については,変更はございません。

 論文募集後の変更となり,申し訳ございませんが,ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

【予告】日本理科教育学会「理科教育学研究」特集号の論文募集のお知らせ

  • [「理科教育学研究」編集委員会]
  • 2019.03.25

<予告>

日本理科教育学会「理科教育学研究」特集号の論文募集のお知らせ

[「理科教育学研究」編集委員会 ] 2019.03.23

日本理科教育学会「理科教育学研究」特集号の論文募集

■特集号のテーマ
理科教師教育

■企画趣旨
学士課程における理科教師教育(コアカリキュラムを見据えた取り組みなど),修士レベル(修士課程,専門職学位課程)での理科教師教育(教育実習など),CST,教員免許状更新講習,採用・任用権者主催の研修,仲間内が手弁当で行うものまで,理科教師が学ぶ機会は数多い。そのような現状を鑑みる時,理科教師養成(大学レベル)と教師育成(就職後の現職教育)を実質化するための問題点の分析, 理論的研究,及び実践事例報告などを集約する意義は大きい。まさに,本特集において「理科教師教育」について取り上げる所以である。本学会員が取り組んでいる研究をベースにして,最先端の知見を集約する中で,新たな議論の喚起や研究の更なる推進を期待する。
本特集号では,以下の研究領域において,総説論文,原著論文,資料論文を募集する。

 ・理科教師教育に関する総説
 ・理科教師教育に関する理論的研究
 ・理科教師教育に関わる理論を踏まえた実践的研究
 ・日本及び諸外国における理科教師教育を対象とした比較研究,事例研究
 ・ICTを活用した理科教師教育とその有効性の検証に関する研究
 ・その他,理科教師教育に関する研究等

■投稿論文の取り扱い
本特集の投稿論文には,国内外の議論を整理し,研究の位置づけを明確にすることが求められる。また,特集号編集委員会において,上記趣旨に適合しないと判断した投稿論文については,通常の一般号への投稿論文として取り扱う場合がある。なお,本特集号の刊行までに採択されない投稿論文については,一般号への投稿論文としての査読を継続する。

■投稿時の注意事項
本特集号への投稿に際しては,投稿票において「特集号」を必ず選択すること。

■刊行スケジュール
投稿受付開始:2019年7月末日
投稿締め切り:2019年10月末日
刊行予定:2020年7月末日

予告・特集号の趣旨(2019)

【締切延期】日本理科教育学会「理科教育学研究」特集号の論文募集のお知らせ

  • [「理科教育学研究」編集委員会]
  • 2018.11.28

日本理科教育学会「理科教育学研究」特集号の論文募集のお知らせ
(投稿締め切りが12月末日に延期になりました)
[「理科教育学研究」編集委員会 ] 2018.11.28
日本理科教育学会「理科教育学研究」特集号の論文募集
■特集号のテーマ
理科授業による資質・能力の育成
■企画趣旨
前回の特集号では,理科授業と評価について取り上げた。今回は,新しい学習指導要領に資質・能力の育成が明示されたことを踏まえ,理科授業(生活科の自然領域の授業も含む)における資質・能力の育成に関する理論的・実践的研究に焦点を当ててみたい。また,新しい学習指導要領に色濃く反映されている学習科学の知見が,理科教育研究にもたらした革新について,多方面からの成果を集約することも急務である。そこで,本特集では,この今日的課題となっている「理科授業による資質・能力の育成」について取り上げる。本学会員が取り組んでいる研究をベースにして,最先端の知見を集約する中で,新たな議論の喚起や研究の更なる推進を期待する。
本特集号では,以下の研究領域において,総説論文,原著論文,資料論文を募集する。
 理科授業による資質・能力の育成に関する総説
 理科授業による資質・能力の育成に関する理論的研究
 理科授業による資質・能力の育成に関わる理論を踏まえた実践的研究
 日本及び諸外国における理科授業による資質・能力の育成を対象とした比較研究,事例研究
 ICTを活用した理科授業による資質・能力の育成とその有効性の検証に関する研究
 その他,理科授業による資質・能力の育成に関する研究等
■投稿論文の取り扱い
本特集の投稿論文には,国内外の議論を整理し,研究の位置づけを明確にすることが求められる。また,特集号編集委員会において,上記趣旨に適合しないと判断した投稿論文については,通常の一般号への投稿論文として取り扱う場合がある。なお,本特集号の刊行までに採択されない投稿論文については,一般号への投稿論文としての査読を継続する。
■投稿時の注意事項
本特集号への投稿に際しては,投稿票において「特集号」を必ず選択すること。
■刊行スケジュール
投稿受付開始:2018年8月末日
投稿締め切り:2018年12月末日(11月末日の締め切りを延期しました)
刊 行 予 定 :2019年6月末日

平成30年度「理科教育学研究」特集号(趣旨等)第2版

平成30年度理科教育国際セミナーのご案内

  • [トピックス]
  • 2018.11.18

12月8日(土)9:30より 理科教育オンライン国際交流セミナーを開催します.

タイトル「博物館での調査研究とUBCでの国際STEM教育学会」
講演者: Prof. David Anderson , University of British Columbia(UBC) ,カナダ

セミナーは,理科教育学会関東支部大会の会場,講演者,学会員をskypeで繋いでおこないます

Skypeでの参加希望の方は,国際交流委員の畑中
hatanaka(@)c.sci.toho-u.ac.jp ()の中の@を半角に変えてください.
までご連絡ください.

趣旨と講演内容については,要旨をご覧ください.

要旨

資料

1 / 912345...最後 »
  • 論文投稿について
  • 各種申請書
  • メンバーログイン
  • 賛助会員のページ

SSL GMOグローバルサインのサイトシール