お茶の水女子大学 理系女性教育開発共同機構 第2回シンポジウムのご案内

  • [その他のお知らせ]
  • 2016.08.22

お茶の水女子大学から,以下のシンポジウムのお知らせがきています。

 

お茶の水女子大学 理系女性教育開発共同機構 第2回シンポジウム

「子どもがサイエンスに目覚めるとき~多くの女性が理系に進むために~」

 

1.主催: お茶の水女子大学 理系女性教育開発共同機構

2.後援: 一般社団法人日本理科教育学会、一般社団法人日本科学教育学会、国立女性教育会館、人間情報学会

3.日時: 2016年9月3日(土)14時~17時20分

4.場所: お茶の水女子大学理学部3号館701室

5.開催趣旨: 子どもがサイエンスを面白いと感じるのはどういうときか。どういうときにサイエンスの道に進もうと思うか。男女で違いがあるのか。多くの女子がサイエンスを面白いと感じ、サイエンスの道を選ぶ女子が増えるよう、参加者全員で考えたい。

6.次第:

●開会挨拶(お茶の水女子大学長 室伏きみ子)

●理系女性教育開発共同機構からの報告

●講演(14:20~16:05)

講演者(敬称略)

◆大隅 典子(東北大学大学院医学系研究科 教授・附属創生応用医学研究センター長)

 「リケジョの活躍が日本を救う!」

◆隅田 学(愛媛大学教育学部教授・附属高等学校副校長)

「女性の理系才能をトリガーする科学教育」

◆銀島 文(国立教育政策研究所教育課程研究センター 総合研究官)

 「国際調査から見える科学教育」

●パネルディスカッション(16:15~17:15)

パネリスト(敬称略)

◆大隅 典子  ◆隅田 学  ◆銀島 文

◆田中 千尋(お茶の水女子大学附属小学校教諭)-進行役-

◆溝口 恵 (お茶の水女子大学附属高等学校教諭)

●閉会挨拶(お茶の水女子大学理系女性教育開発共同機構 副機構長 小川温子)

●懇親会(17:30~19:00、会費 3,000円)

7.参加申し込み

★申込フォーム(https://crdeg.cf.ocha.ac.jp/ocha2/Plone/2ndsympo)をご利用になるか、E-mail(coreofstem-sympo■cc.ocha.ac.jp (■を@に変えて下さい))、FAX(03-5978-2650)で、『9/3理系女性シンポジウム参加希望』 と書き、氏名 /  所属 / 学年(学生の場合) / 連絡先 / 懇親会参加の有無を明記の上、お申し込みください。

★締め切り: 8/28(日)

★参加費:無料 (懇親会は会費制)

★定員:100名

8.掲載ホームページ: http://www-w.cf.ocha.ac.jp/cos/

 

20160903_Ochanomizu_ University_symposium

  • 論文投稿について
  • 各種申請書
  • メンバーログイン
  • 賛助会員のページ

SSL GMOグローバルサインのサイトシール