日本理科教育学会 トップメニュー

日本理科教育学会について
刊行物
入会案内

詳しくはコチラ

日本理科教育学会は日本の幼・小・中・高校・大学の理科教育の進歩と発展に貢献しています。

学会長挨拶

全国大会(静岡大会)も1,000名を越える参加者を得て盛会に終了しました。秋以降は、すでに各支部の活動が行われていると存じます。このような理科教育研究、実践の展開・発展には、目を見張るものがございます。

さて、全国大会時にもご報告申し上げましたように、この度、本年度の評議員会において会費の改正が承認されました。2020年度より、正会員12,000円、学生会員3,000円(「理科の教育」送付無し)となります。次年度会費より、この金額でよろしくお願い申し上げます。納入については、2020年3月以降にご案内を申し上げる予定です。本学会の厳しい財務状況及び消費税増税に際し、こうした対応をせざるを得なくなりました。この会費改正により、「理科の教育」の発刊は継続され、「理科教育学研究」も完全電子化の方向で維持できる見通しでございます。その他、予算において節約できる部分は、2019年度より躊躇なく実施していく所存でございます。今後とも本学会へのこれまで以上のご支援・ご協力など、何卒よろしくお願い申し上げます。

令和元年11月14日 一般社団法人 日本理科教育学会会長 稲垣成哲

これまでの学会長挨拶

2020年度からの会費改定について

2019年11月吉日

会員各位

一般社団法人日本理科教育学会
学会長 稲垣成哲

2020年度(2020年7月〜)からの会費改定のお知らせ

平素は学会の活動及び運営にご支援とご協力を賜りまして、厚く御礼申し上げます。
さて、2019年9月21日に定時評議員会が開催され、審議の結果、会費改定が承認されました。これにより、2020年度(2020年7月〜)からの会費は、下表の通り変更されます。

会費改定の背景

本学会は、1952年2月16日に設立され、2015年7月1日に一般社団法人となりました。
会費につきましては、会員のみなさまのご負担を最小限にするために、長期にわたり、値上げせず据え置いて運営してまいりました。しかしながら、ここ最近は、学会事業の維持のために赤字が継続しております。このため、さまざまな努力や方法により支出削減等を努めてまいりました。しかしながら、2019年10月からの消費税増税に伴い、さらなる支出の増加が必須となっております。この状態がこれ以上続きますと、本学会の運営に多大な支障が生じる恐れがあります。
このような理由から、支出削減等の努力継続とともに、会員のみなさまに、2020年度からの会費改定を止むを得ずお願いする次第です。理科教育に関する研究および理科教育の振興普及に寄与するための本学会の活動及び運営に対しまして、なにとぞ、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

会費改定表

会員種別年額・下半期額会費(円)備考
現行2020年度以降
正会員年額9,70012,000
正会員下半期額5,0006,000
学生会員年額6,7003,0002020年度以降、会誌「理科の教育」送付なし
学生会員下半期額3,5001,5002020年度以降、会誌「理科の教育」送付なし
会員同士が夫婦である場合の夫婦の内の1人年額3,0003,000
賛助会員年額30,00030,000

2020年度の会費納入のご案内予定

2020年3月になりましたら,2020年度の会費納入について,ご登録頂いているメールアドレス宛にご案内する予定にしております。
また、2020年3月以降に、「理科の教育」、「理科教育学研究」、学会Webページに、会費納入のご案内を掲載する予定にしております。

以上

日本理科教育学会からの重要なお知らせ

日本理科教育学会「理科教育学研究」特集論文の募集の締切延長について

日本理科教育学会「理科教育学研究」特集論文の募集のお知らせ (投稿締め切りが11月末日に延期になりました)   「理科教育学研究」特集編集委員会 2019.10.25   日本理科教育学会「理科...

一般社団法人日本理科教育学会 第70回全国大会

日程 2020年8月22日(土)・23日(日) 場所 岡山大学・津島キャンパス ...

【訂正】特集論文に関するお知らせ

日本理科教育学会 第69回全国大会(静岡大会)のホームページが開設されました。

第69回全国大会 二次案内

  • 論文投稿について
  • 各種申請書
  • メンバーログイン
  • 賛助会員のページ

SSL GMOグローバルサインのサイトシール